OUR VISION

タオルのプロフェッショナルとして、次の半世紀へ

「育てるタオル」®をつくる私たち株式会社英瑞は、50年以上にわたり、日本、中国、台湾、アメリカ、ヨーロッパ、南米など、さまざまな国・地域のお客様とともにグローバルな事業を展開してきました。そんな私たちのコア事業として常に位置づけられてきたのが、タオル事業です。
安心・安全・高機能を超えた、“どこか懐かしい未来の定番”と呼べるタオルをお届けすること。そして、タオルを通じて、より多くの人々とつながり、世界の架け橋になりたい――。創業からずっと変わらない思いを大切に、次の半世紀を歩んでいきます。

SERVICE

事業内容

世界のトップブランドが選ぶ理由

生産・OEM事業

タオル生産は、グループのコア工場である、中国・江蘇省「南通大東有限公司」で行っています。世界最高峰の最新設備を備え、高い品質で安定した生産をすることができます。世界中の有名ラグジュアリーブランド、スポーツブランド、キャラクターブランドなどからのクオリティに対する厳しい要求に応え続けたことで、私たちの工場は大変高い評価をいただいております。今、世界のトップブランドが、こぞって選ぶ中国。そのモデル工場である大東工場には、世界中から信頼される理由があります。

ノウハウを生かし新しい価値を提案

企画開発事業

長いタオルづくりの中で蓄積されたノウハウを生かし、常に良いものを組み合わせて新しい価値を生み出しています。そうして生み出された新しい価値を、お客さまの商品開発や企画に生かし、提案させていただいています。また、最新鋭の設備で、糸の生産から、最終製品にいたるまですべてを一貫生産することで、常にお客様のニーズにあったデザインで高い品質と数量に応えることができます。なお、このような企画開発事業のノウハウ、知識などの粋を集めて出来上がったものが「育てるタオル」®です。

「育てるタオル」®
オリジナルサイトはこちら

豊富な経験で海外進出をサポート

コンサルタント事業

私たち株式会社英瑞は、経済開放から間もない1980年代前半に、いち早く中国に進出しました。30年以上の歴史の中で、中国でビジネスを成功させるノウハウと、英瑞のブランドバリューおよび信頼感を地域の方々から獲得してきました。その結果、必要としている人に、そのニーズを超えたサービス、人、環境をサポートすることが可能となりました。また、日本から中国への進出のサポートだけでなく、中国から日本へビジネスのサポートも行っています。

MESSAGE

ご挨拶

タオル事業をとおして、世界の架け橋に

代表取締役社長

呉 兆顕(くれ よしあき)

半世紀以上の間、常にタオルとともに私たち株式会社英瑞は、1965年、日本―台湾間での輸出入を行う会社としてそのキャリアをスタートさせました。その輸出入の重要な商品の1つが、タオルでした。そして80年代に入って中国での事業に参画したのを機に、タオルの製造販売に乗り出しました。輸出入から製造販売へと事業形態こそ変化してきましたが、私たちの事業の歴史に、常にタオルの存在がありました。

PROFILE

会社概要

社名 株式会社 英瑞 A-Z CORPORATION
本社所在地 東京都中野区東中野1-12-6
ロジスティクスセンター 埼玉県越谷市七左町6-72-2
事業内容 タオル製品および繊維製品の企画・製造・販売・輸入卸
・自社ブランドのタオル企画・製造・販売
・OEM(受注生産)のタオル製造、輸入卸
設立 1965年4月
資本金 5000万円
代表者 代表取締役社長 呉 兆顕
従業員数 23名
主要取引銀行 三菱東京UFJ銀行 みずほ銀行 三井住友銀行 商工中金 りそな銀行 他
関連会社 南通大東有限公司(中国)
江蘇英瑞集団有限公司(中国)
南通泰慕士服装有限公司(中国)

東京本社

〒164-0003 東京都中野区東中野1-12-6
Tel. 03-5386-3031(代表) Fax. 03-5386-3323
最寄り駅 JR・都営地下鉄 東中野駅 都営地下鉄・東京メトロ・中野坂上駅